忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また9.異常な空間と当たり前な空間4

(これは小説です)

9.異常な空間と当たり前な空間4

アイツに洋服を買ってもらって、ゲームをして…、色んなお店を
見て…、夜ごはんを食べた。
「時間ヤバいなぁ…、間に合うかなぁ…」
「まあまあ…、別に殺される訳やないやん!」
「まあ、それもそうかっ!」

施設に帰り着くと門限の8時はとっくに過ぎていた。
「やっぱり、遅れたな」
「まあまあ…!」 
アイツが私の気持ちを明るくしようとしてくれているのか、
少しふざけるようにそう言って、車椅子を押して自動ドア
の中に入った。

職員が私に近づいて来て言葉を零した。
「お帰り、おしっこは…?」
『えっ…!』
私の心はひいた。
『アイツがまだ後ろにいるのに…!』
職員は後ろのアイツに気づいていないのか、更に続けた。
「出えへんの…?、なら、お部屋行こか!」
連れて行かれそうな私にアイツが言った。
「ほな、また」

『殺されるよりひどいなぁ…!』

-“異常な空間と当たり前な空間”5へ続く-












PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne