忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また10.ミルクティーと後悔1

(これは小説です)

10.ミルクティーと後悔1

8年いた施設を出て自宅で生活していた。
全て介助してもらっていた施設の頃とは違い、日常生活の動作は、
ほぼ自分で出来るようになった。
家族と自分自身の力、やらなければならない気持ちが大きな後押しになった。

障害を持った人が通う授産所に送迎バスで毎日通い、パソコンで文字の入力
や、名刺などを作る仕事をして、他の同じような所より少し高めの工賃を
もらっていた。

『そうや…!、電車に乗ってどっか行ってみよう…!』
夕方、仕事から帰って来ると家には誰も帰っていなかった。
私は、電動車椅子で電車に乗って出かけてみようと考えた。
電動車椅子を運転しての遠出も初めてで、歩道の上がったり下がったりや、
上ってたどり着いた先に車が止まっていたり、降りれないほどの段差かも
しれないのが怖くて車道の端っこを走った。
すると、車の音が耳のすぐ横で聞こえて怖かった。
それでも、何とか駅にたどり着き、駅員さんに手伝ってもらって電車に
乗ることが出来た。
『やったー!』

-“ミルクティーと後悔”2へ続く-















PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne