忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また9.異常な空間と当たり前な空間5

(これは小説です)

9.異常な空間と当たり前な空間5

電話を受けて、アイツの待つ“下”に降りて行った。
しばらく話していると、アイツが写真を見せた。
そこには知らない女の子が写っていた。
「えっ…、誰…?」
私のサラっとした問いにアイツもサラっと応えた。
「えっ、彼女」
「付き合ってんの…?」
「だから、彼女やって…!」
「若いやろ…?」
「かなり年下…、ええ子やで!」
『彼女つくるんや…』
ショックというよりも意外だった。
コミュニケーションの苦手なアイツ、彼女をつくろうとはしないやろうと
私は勝手に思っていた。
『アイツには、当たり前のことやのに…、失礼よな…』
アイツは、ただ、友達の私に自分に彼女が出来た嬉しさを報告に来て
くれたのだろう。
「この前の洋服屋さんに連れて行ってるのもこの子なん…?」
「うん!」

アイツが後輩と突然私の家に来てくれたあの日から、学校を卒業して、
一度終わった時間がまた新しい時間に繋がったのだろう。

数ヶ月後、“彼女と別れた”と友達の私に報告に来てくれた。

-“異常な空間と当たり前な空間”終わり-










PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne