忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また8.公衆電話と白い車3

(これは小説です)

8.公衆電話と白い車3

施設での生活は、朝起きて仕度をして…、洗濯機を回して…、
ごはんを食べ…、洗濯物を干して、午前中の作業をこなし…、
ごはんを食べ…、午後の作業をこなし…、洗濯物を取り込んで…、
余暇の時間を過ごし…、ごはんを食べ…、余暇時間を過ごし…、
8時には4人部屋の自分の部屋で就寝準備を始めて…、
9時にはベットで自分のテレビにイヤホンを付けて見る…、
11時には消灯…、職員が部屋を廻ってきて“おやすみなさい”…。
休日は、午前と午後の作業はなく、ボランティアや友達、
介助をしてくれる人同伴の外出、外泊を許されていた。
門限は夜の8時で、夕食の始まる5時までに帰って来られ
なければ、外出先で食べて帰らなければならなかった。
外出・外泊の予定の一週間前には届けを出し、親に電話して
許可を取らなければならなかった。
同伴者は自分で食堂の公衆電話で電話をかけて探していた。

-“公衆電話と白い車”4へ続く-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne