忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また8.公衆電話と白い車1

(これは小説です)

8.公衆電話と白い車1

卒業式が終わって何日か過ぎた。
『春休みじゃないんやな、寄宿舎に帰ることもないんやな…』
私は、家に帰って来てから、朝起きる度に思った。
『4月からは施設での生活…、やっていけるんかなぁ…?』
不安な気持ちが私を淋しさの底へ連れていった。

そんなある日、アイツが後輩2人といきなり私の家に来た。
「どうしたん…?」
突然のことに私は、ツッケンドンに聞いてしまった。
「えっ、ヒマやし…!」
アイツが言うと、後輩達が続けた。
「俺らもヒマやったし、付いて来てん!」

4人で、近くの百貨店まで遊びに行った。
買い物をして…、ゲームセンターでゲームをして…、
レストランでごはんを食べて…。

時間をいっぱい楽しんだ夕方の帰り道。
3月の下旬、少しずつ暖かくなってきたけれど、この時間に
なると、寒くなった。
「なぁ…、俺らは歩いてるから寒ないけど、車椅子やったら
寒いんちゃうか…?」
後輩がそう言って、自分が着ていた上着を私にかけてくれた。
「ありがとう!」
私は、その優しさに心から暖かくなった。

-“公衆電話と白い車”2へ続く-














PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne