忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また7.ギターとみかん4

(これは小説です)

7.ギターとみかん4

学校での練習の時もアイツの横で歌うようになった私は、
本番での曲紹介を任されることにもなり、アイツの横で
みんなをリードすることになった。
私達は、その日から曲紹介も練習に加えることにした。
アイツのギターの練習に付き合うだけのつもりが、私の練習
にもなった。
アイツとの練習…、この時間が学校を卒業する寄宿舎を
巣立つ…、アイツと離れる淋しさを少し薄めていた。

送る会の本番は、音もきれいに出せるようになって、かっこよく
ギターをひくアイツの横で、上手く曲紹介が出来て、笑顔で
歌うことが出来た。
アイツの指に巻かれたバンドエイドが一生懸命を示していた。

数日後、寄宿舎では卒業生を送るための“お別れ会”が開かれた。
毎年、この日には開かれているのだけれど、私が高等部3年生
で開かれる“お別れ会”は、やっぱり、特別だった。
同じ学校で進級する小学部、中学部の卒業の時は、その実感は、
殆どなく、可愛がってくれたお兄ちゃんやお姉ちゃん達が
いなくなってしまうことが、ただ、淋しくていっぱい泣いていた。
だけど、今日は、卒業生の私に送られるメッセージに、
寄宿舎を離れなければいけないことの淋しさに、アイツと
離れることの淋しさにいっぱい泣いた。
『ずっとここにいたいなぁ…、もっとアイツと一緒にいたいなぁ…』

-“ギターとみかん”5へ続く-















PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne