忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また7.ギターとみかん5

7.ギターとみかん5

卒業式の朝…、この日もアイツのオセロの対戦を見守った。
私達は、やっぱりチャイムの音を聞きながら教室に滑りこんだ。
「セ~フ!」
友達のカラカイにアイツは、やっぱり返した。

答辞を読んだ卒業式でもその後の謝恩会でも涙は流れなかった。
『泣くと思ってたけどなぁ…』
いつもと変わらずアイツと一緒に寄宿舎に帰りながら思った。
『昨日の“お別れ会”でいっぱい泣いたからかなぁ…?』

寄宿舎の食堂でアイツと喋りながら、私の親の迎えを待っていた。
「とうとう、この時やなぁ…」
私は、ストーブの横でみかんの皮をむいているアイツに呟いた。
「そうやね…」
アイツは静かに応えた。
「食べる…?」
アイツは、みかんを優しく柔らかく私の手にのせてくれた。
「何で、またみかんなん…?」
「さあ…」

親が迎えに来て、私は、親に車椅子を押され食堂を出て行きけた。
「ほな、また!」
アイツは、何でもないことのように言った。

『Aグループでよかったな!』私は、強く思った。

-“ギターとみかん”終わり-















PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne