忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また7.ギターとみかん1

(これは小説です)

朝、アイツのオセロの対戦を見守り、一緒に登校し、教科ごとに一緒に
教室を移動して、給食の時間に笑かされ、放課後は訓練室に送ってくれて、
訓練が終わる時間に迎えに来てくれて、一緒に寄宿舎に帰って…、
夕食後のそれぞれのグループ活動の後、一緒に“いつもの時間”を過ごして、
就寝時間になったら“おやすみ”を言ってそれぞれの部屋に戻って行くと
いう当たり前なった日常を過ごしているアイツと私に、“高等部卒業”が
近づいてきた。
小学部、中学部の卒業までは、学部は変わるけど、卒業後もそれまでと
同じように寄宿舎で過ごすことが出来た。
だけど…、高等部を卒業するということは、“この学校を巣立つことに
なるため、私達は、寄宿舎からも巣立つことになる。
小学部、中学部の思い出…、そして、アイツと出会ってからの3年間…、
高等部での思い出を持って、この学校を寄宿舎を離れるその日がもうすぐ
やって来る。
淋しくて…、“ちょっと待ってよ…!”とジタバタしても思っても、
その日に向かって進んでいる“時”は止まらない…。
“約束されている”その日は、確実に、もう、やって来る。

卒業後は、障害のある成人が介助をうけながら生活出来る“寮護施設”に
入所することが決まっている私は、今の日々と離れること、新しい
日々に入ることに不安を感じていた。
もちろん、アイツと離れることに一番の淋しさを感じていた。

-“ギターとみかん”2へ続く-














PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne