忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また7.ギターとみかん2

(これは小説です)

7.ギターとみかん2

毎年、卒業式前になると高等部では、“卒業生を送る会”という
イベントが行われる。
“送る会”では在校生は卒業生を送る意味で、卒業生は在校生への
お礼の意味で、学年ごとにそれぞれ出し物をすることになっていた。

去年までは送る立場だった私達は、今年は卒業生…、とうとうお礼の
出し物をする立場になった。

「何か提案はありますか…?」
司会者の問いかけに寸劇やその他の提案もあったが、話し合いの結果、
誰かがギターで伴奏して、みんなで歌を歌うことになった。
「べたやなぁ…」
賛成はしたものの、私は思わず机に向かって呟いた。
「それでは、次は、伴奏をする人を決めます!」
司会者は、私の呟きをよそに次の議題へと進んだ。
「ギター、ひける人はいますか…?」
再びの司会者の問いかけに、アイツがスッと手を挙げた。
『えっ…?、そう言えば、寄宿舎の先生に教えてもらってたな』
歌の伴奏者は、賛成多数でアイツに決まった。

『かっこいいしな…!』私は、ギターを教えてもらってる時のアイツの姿を
思い出した。

「ギターの練習、付き合ってな!」
2人で寄宿舎へと帰る時、アイツが言った言葉に、私はちょっとドキッとした。

-“ギターとみかん”3へ続く-













PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne