忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また6.ラブレターと新しい友達5

(これは小説です)


6.ラブレターと新しい友達5

『あ~あ…!、何で、あんな手紙書いたんやろう…?』
私はため息混じりに思った。
『もう3日やなぁ…』アイツと話さない時間が流れて…、
それは永遠に続くように思えた。
アイツとすれ違う度に、ドキッとして声が出なくなってしまう。

数学の授業が始まる前、授業で使う道具を机の上に出して
もらった私は、ちょっと筆箱を動かした。
その時、机の上にあったファイルも動いてしまい、床に落ちてた。
『あ~あ…』ウンザリした気分で床に視線を落とすと、
歩ける友達のスニーカーが何足か見えた。
私は、床を見たまま、スニーカーの主に声をかけた。
「なぁ、ごめん、ファイル拾て…!」
「えっ…?、これ…?」
その声にドキッとして顔を上げると、アイツがそこにいた。
「うん、それ、ありがとう!」
私は、ドキドキしながら応えた。
「何やってんの、どんくさいなぁ…!」
「もう、うるさいなぁ…、だって…!」
その瞬間をきっかけに、私にいつもの時間が戻ってきた。

『やっぱり、一緒に居られるのがいいよな…、“新しい友達”か~、
まあ、どっちでもいいかっ…!』

-“ラブレターと新しい友達”終わり-











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne