忍者ブログ

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また6.ラブレターと新しい友達4

(これは小説です)

6.ラブレターと新しい友達4

アイツの手紙を読んでから、私は、何となくアイツと喋れなく
なった。
アイツも私の雰囲気から気持ちを察したのか、その日の“いつも
の時間”は2人で過ごさなかった。

次の日の朝食後のオセロを見守ることも、一緒に登校することも、
給食の時の笑かしも、訓練室に迎えに来てくれることもなかった。
友達が1人でいる私を見て、教科書の準備や教室の移動を手伝って
くれた。
「なぁ、アイツとけんかでもしたん…?」
教室の移動を手伝ってくれた友達が聞いてきた。
「別に…、してへんよ…」
私は、素っ気なく応えてしまった。
「ふ~ん、でも、いつも一緒にいたやん!」
「そうかなぁ…」
「早よ、仲直りしぃや!」
友達は、笑顔で言ってくれた。

『けんかした訳じゃないしなぁ…、仲直りってどうしたら…』私は、
放課後の訓練を終えて、訓練室から車椅子をゆっくりこいで寄宿舎
に向かっていた。
『間に合うかなぁ…?』不安に思いながら、寄宿舎の夕食を目指して
車椅子をこいでいた。

その日も“2人のいつもの時間”を過ごすことはなかった。
アイツと話さなくなって、私の生活の彩りは、ドンヨリに変わった。

-“ラブレターと新しい友達”5へ続く-










PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne