忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また6.ラブレターと新しい友達2

(これは小説です)

6.ラブレターと新しい友達2

アイツと私は、朝、一緒に登校して、一緒に勉強して、放課後アイツ
が私を訓練室に迎えに来てくれて、2人で寄宿舎に帰って…、グループ
活動の後、“2人の時間”を過ごして…。
アイツも私も、手紙のことは口に出さなかった。

アイツからの返事を待っていた私は、毎日、ドキドキしていたが、
それをアイツには気づかれないように、普通に振る舞っていた。
アイツには、“私が毎日、ドキドキしながら、返事を待ってること”に
気づかれたくないと思いながら、心のどこかでは、気づいてほしいと
いう気持ちもあったのかもしれない…。

そんなある日の“2人の時間”、アイツが封筒を出した。
「はい…、これ」
アイツは…、優しく…、柔らかく…、私の手に渡してくれた。
「えっ…、ああ…、ありがとう…」
私は、私が手紙を渡した時のアイツと同じように戸惑った。
私には、唐突な出来事ではなく、こんな場面を何日も待っていた
はずなのに…。
『もっと嬉しいと思ってたのに…、変なの…!』私は、自分から
生まれた感情にもかなり戸惑った。
「どうしたん…?」
ぎこちない私の雰囲気にアイツが聞いた。
「何でもない」
「そう…」
「うん」

私達は、“おやすみ”を言って、それぞれの部屋に戻った。

-“ラブレターと新しい友達”3へ続く-













PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne