忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また4.恋と小さな嘘4

4.恋と小さな嘘4

「自分で仕上げられへんのは、ちょっと悔しいなぁ…」
私は、“青いマフラー”の仕上げを手伝ってもらうことになった
先生に言った。
「そうか~、あんな、ここ閉じるやん、そしたら、両端を絞って
一つずつボンボリ付けたら可愛いと思わへん…?」
「うん!、思う!」
「ボンボリ、自分で作ってみたら…?」
「作れるかなぁ…」
「ここまで編み上げたんやもん!、出来るよ」
「じゃあ、作り方教えて」
「わかった!、出来たら付けてあげるな」

バレンタインの前日、ボンボリ付きのマフラーは出来上がった。
私は、ギフトボックスに“青いマフラー”と“チョコレート”、唇が荒れて
いつもリップクリームを使っているアイツのための“リップクリーム”、
“これからもよろしくの手紙”を入れてプレゼントを作った。
『出来上がり~!、間に合った~!』

バレンタイン…、私は、夕食後のグループ活動の後、アイツとの
“いつものスペース”にプレゼントを持って行った。
アイツは、幾つものチョコレートを机の上に置いた。
「今年もこんなもらったんや!」
女の子にモテるアイツは、たくさんのチョコレートをもらっていた。

-“恋と小さな嘘”5へ続く-












PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne