忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また5.恋と戦い1

(これは小説です)

「私、○○○○くんがいいねん!」
私に言ってきた彼女はその思いに任して、集合写真を撮る時は
必ずアイツの隣に立った。
アイツの側に歩いて行き、“私の場所はここ!”と言わんばかり…。
学校で集合写真を撮る時は、“立てる人が後ろに立って、車椅子や
立つことが難しい人が、その前に座る”というルールがあったため、
私がアイツの隣に座って集合写真に写ることはなかった。
クラス写真のアイツの隣には、ほぼ、満面の笑顔の彼女がいた。
『あの子が勝ってに並んでるだけやん!』私は、そう思うことで
悔しさを飼い慣らしていた。
彼女は集合写真が終わっても、アイツの隣を中々離れない。
私は気になって…、何度も後ろを振り返る…。
アイツは、話しかけている彼女にちょっと相づちを打って、
他の友達と話しながら、私の所に来てくれた。
そして…、いつもの感じで私の車椅子を押してくれた。
この時、私が彼女に感じていたのは優越感だった…。

彼女が好きになったアイツを、私が好きになったことで、彼女は
私の“コイガタキ”になった。

-“恋と戦い”2へ続く-












PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne