忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また3.幸せと戸惑い5

(これは小説です)

3.幸せと戸惑い5

この頃、私とアイツは、お互いの上着を交換してみたり、
私がアイツのウォークマンを使って音楽を聞いていたり…、
周りの友達が見ても、たぶん…、仲良しだった。
「お前らほんまはどうなってんねん…?」
「えっ…?、何が…?、何で…?」
「2人、いつも一緒にいるやん!」
「えっ…、そうか…?、別に…」
友達の問いに、いつも中途半端な答えをするアイツ…。
『だから…、どうなん…?』私がその応えを聞きたいと思っていた。

寄宿舎での夕食後のグループ活動、アイツのグループは、
大体は、食堂に集まっていた。
私のグループの活動の方が早く終わることが多かった。
だから、自分のグループの活動が終わった後、私はいつも、
グループ活動を終えて出て来るアイツを食堂の側で待っていた。
“いつものスペース”でアイツとの“いつも時間”を過ごしたくて…。
「またアイツのこと待ってるのか…?」
「えっ…?」
「毎日待ってるよなぁ…、よくやるよな、しんどくないん…?」
ある日、私に友達が言ってきた。
『あっ、ばれてる!』

しばらく待っていると、食堂から出て来たアイツが、当たり前に、
待っていた私の車椅子を押して、“いつものスペース”に向かった。
「どうもどうも!」
アイツは、いつものように笑顔で言った。
『これやから…、ズルいよなぁ』
私は、心で呟いた。

-“幸せと戸惑い”終わり-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne