忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また4.恋と小さな嘘2

4.恋と小さな嘘2

「それ何…?」
「別に何でもない」
「ふ~ん、そうなん」
アイツがそれ以上突っ込んでくることはなかった。
『ほんとは、気づいてるんかなぁ…?、興味ないんかなぁ…?』
アイツのアッサリと引き下がる姿に私は思っていた。

そんなある日、寄宿舎で非難訓練が行われた。
私はその日、小学校からの同級生で、仲の良い友達と喋っていた。
もちろん、マフラーを編みながら…。
友達は、その時、一時的に寄宿舎で暮らしていた。
突然、非常ベルが鳴り出した。
私と友達の体は、その音に思いっきり飛び上がった。
「ヒ~!なに~!」
「非難訓練や!、大丈夫…?、非難するよ!」
寄宿舎の先生が少し歩ける友達の手を引いて、私の車椅子を押して、
学校へと続く大きなスロープを上った。
「あ~、落ちた~!」
私の膝の上から毛糸玉が転がり落ちてスロープを転がった。
「待って~!、拾って~!」
友達が、そう叫ぶ私とコロコロスロープを落ちて行く毛糸玉に大笑い…、
それを見て、私も大笑い…!
『非難訓練やのに!』
そう思うとますます大笑いしてしまっていた。

とにかく…、私は、アイツへのマフラーを編み続けていた。

-“恋と小さな嘘”3へ続く-











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne