忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また4.恋と小さな嘘1

(これは小説です)

4.恋と小さな嘘1

バレンタインが近づいて来た。
私は、“アイツの好きな青い色のマフラー”を編んで贈ることにした。

『もう、あんまり日がないなぁ』
友達と買い物に行った時に、“青色の毛糸玉”を幾つかと“編み棒を”買って来た。

私でも出来る編み方は幼い頃に教えてもらっていた。
教えてくれたのは、この寄宿舎を卒業して行った先輩達…。
障害を持っていても、それぞれに出来る編み方があることを先輩達は
教えてくれた。
自分の編み方を見せてくれたり…、私が出来る編み方を一緒に考えて
くれた。

私は、記憶を繰り寄せてみた。
『え~っと、こうして…、次はこうして…、思い出した…!』
「まだ編める…!、よかった!」

私は、毛糸と編み棒を紙袋に入れて、いつでも編めるようにした。
グループ活動の時も、ちょっと部屋にいる時も、アイツのことを待って
いる時も、とにかく私は、“マフラー”を編んでいた。

アイツには内緒にしていたかったが、迫り来るバレンタイン…、
“一緒にいる時には編まない”なんて余裕はなかった。

-“恋と小さな嘘”2へ続く-











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne