忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また5.恋と戦い2

(これは小説です)

5.恋と戦い2

文化祭は、クラスごとに発表を行う。
この年、私達のクラスは、ホームルームでもめた結果、“創作劇”を
することになった。
演劇に興味があった私はちょっとワクワクした。
どんなことを題材にするのか、脚本はどうするのかを話し合い
“銀行強盗の話…、で、主人公は銀行強盗”ということに決まった。
ストーリーは、クラスの男子が1人で考えたものだった。
“男2人組が銀行強盗をしてしまい、警官に追いかけられて、
捕まって、取り調べを受け、お金が欲しくて強盗に入ったことを
告白する”という感じで、コントのようなドタバタ劇だった。
ストーリーを考えた彼は、ちょっと引いてしまうほど、
このストーリーに力を入れているようだった。
“ストーリーをちょっと変えた方がいいのでは…?”という意見が
出て言い合っていた時、彼のいつもとは違う荒い言葉と、
ストーリーが書かれたファイルが飛んで来た。

『何のこっちゃ…!、銀行強盗て…』隣の席の友達と苦笑いした。
アイツの方を見ると、あんまり興味はなさそうな様子だった。
アイツに向けられた彼女の視線を感じて、うっとうしく思った。
『彼女の興味は、脚本のストーリーよりアイツなんやろなぁ…』
私は、自分のことは棚に上げて思っていた。

-“恋と戦い”3へ続く-










PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne