忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また4.恋と小さな嘘3

4.恋と小さな嘘3

バレンタインの2日前、青いマフラーは、いい感じに編めていた。
『長さはこんなもんやけど…』
私が知っていた編み方は、形になった毛糸がクルクルっと丸まる
編み方だった。
『やっぱり…』途中から思っていたが、“バレンタイン”は迫っている…、
別の編み方を覚える余裕はなかった。
『編み上がったら長さで広がって大丈夫になる』“希望”を持ってそのまま
編み続けてきた。

『クルクルやなぁ…』私は考えて…、マフラーを縦に2つに折って閉じ
ようと考えた。
『そしたら変じゃないし…、閉じるのは、鉤針で…、私、鉤針使えへん…』
私は、寄宿舎の先生に相談した。

「ん~、確かに丸まるもんなぁ…」
「もうちょっとで出来上がりやったのに!」
「でも、ここまで一人で編み上げたんやろ!、すごいやん…!、閉じるのは
手伝ってあげる…!」
先生は言ってくれたが、自分で相談したのに、ここからは先生に手伝って
もらい、最後の仕上げを自分の手で出来ないのが何だか“悔しい”と思った。

-“恋と小さな嘘”4へ続く-











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne