忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また3.幸せと戸惑い3

(これは小説です)

3.幸せと戸惑い3

“クリスマスの映画”の日、アイツが家まで私を迎えに来てくれた。
「ありがとうね」
妙に笑顔の母親に見送られて、私達は出かけた。

電車に乗って、映画館のある繁華街に着いた。
人混みの中、アイツといるその場所はいつもと全く違っていた。
「お腹、すいたなぁ…!」
私は…、まず、呟いた。
「何か食べる…?」
私達はランチにファーストフードを食べた。

車椅子の後ろでアイツが言った。
「映画見に行こか」
「うん…!」
私は、上から降って来たようなアイツの声に“ドキッ”として応えた。
「どっちの映画の方が観たいん…?」
「バッグトゥザフィーチャーかな!」

「ラストなら入って頂けますが…?」
“サンタクロース”の映画館でも同じことを言われた。
「どうしょうか…?」
『観るのは無理かな』そう思って聞いた私にアイツは応えた。
「どっちもラストなら、観たい方観たら!」
『えっ、そっち…!』私は、新しいことを教えてもらった子供の
ように、ドキドキした気持ちになった。

-“幸せと戸惑い”4へ続く-











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne