忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また3.幸せと戸惑い1

(これは小説です)

3.幸せと戸惑い1

「ちょっと散歩行こか!」
夏の暑いの日の夕方、アイツの提案で2人で散歩に行くことにした。
アイツは私の車椅子を押して学校の裏道に入って行く。
「どこまで行くん…?」
「さぁ、まあまあ…!」
アイツは、いたずらっ子のように楽しそうに進んで行く…。

小さな木が見えた。
「あっ…、デザート食べる…?」
アイツはその木の前で車椅子を止めて笑顔で言った。
私は、何のことかとキョトンとしていた。
アイツは、そんな私を尻目に木になっている実をもぎ取った。
「何取ってんの…?」
「えっ、イチジク…!」
アイツは、笑顔で私にイチジクを渡した。
「そんなん取ってええの…?、誰かが作ってるん違う…?」
今日に限って白いトレーナーと白いキュロットの私は、“たっぷり
熟したイチジク”を手に持ったままアイツに聞いた。
「こんなとこでほったらかされてるんやし…!、大丈夫やろ!」
アイツは、自分のためにもぎ取ったイチジクを食べながら応えた。
「そうやな!」
私は、手に持ったままのイチジクを口に運ぼうとした。
“ボテッ”イチジクは、私の手を滑り、白いキュロットの上に…!
「え~、あ~あ…!」
イチジク色に染まったキュロットに私は叫んだが、それを見て
大笑いするアイツに、『まあいいか…!』と幸せな気持ちになった。

-“幸せと戸惑い”2へ続く-












PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne