忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また5.恋と戦い5

(これは小説です)

5.恋と戦い5

朝、いつものように教室に入ると、黒板にチョークで大きな“愛愛傘”
が描かれていた。
愛愛傘には、アイツと彼女の名前が書かれてあった。
アイツは、何気なく、私を席に着けて、自分も席に着いた。
『気づかない訳ないよなぁ…?』
からかう友達もいたが、アイツは、何も反応しなかった。
『彼女が描いたんやろう…!』私は思った。

私はアイツが“愛愛傘”に何の反応もしなかったことに腹が立った。
寄宿舎に帰っても、アイツと口をきかずにいた。
“いつもの2人の時間”も、私は黙ったままだった。
「何か怒ってんの…?」
アイツは、何度も聞いてきた。
『何かって…!』私は、ますます腹が立った。

就寝時間になった。
「もう、部屋に戻らなあかんねんけど…」
「…」
「気になって、寝られへんわ!」
私は、その言葉に反応した。
「だって…、愛愛傘のこと、何も言わへんかったやん…」
「何もって…?」
「怒りも、否定もせぇへんかったし…」
「ああ…、それは…、何も思ってなかったしやん…!」
「一緒に描かれてた人のことも…?」
「うん、何も思ってへんよ」
「ふ~ん、そうかっ!」

私達は、“おやすみ”を言ってそれぞれの部屋に戻って行った。

-“恋と戦い”終わり-













PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne