忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また2.救いと気づき3

(これは小説です)

2.救いと気づき3

授業を一緒に受けて、“教室の移動”の時にはアイツが私の車椅子を
押してくれるようになっていた。
大体の席順は決まっていて、並んで座ることはなかったが、私の
車椅子を机の前につけ、車椅子の後ろにかけられているカバンから
必要な道具を出してくれて…、アイツは自分の席に座っていた。
授業が終わると、またアイツが私の席まで来てくれて、一緒に
次の教室へと向かった。

給食の時間には、アイツが、食べ終わるのが遅い私の所に来て、
わざと笑わせた。
私は、かなりの確率で牛乳を吹き出した。
「もう、牛乳飲んでるのに~、やめて」
飲みかけの牛乳を机に置く私に、アイツはいつも大笑いしていた。
「それ、ほぼ毎日やってるやん、毎回引っかかってるし!」
周りの友達が笑いながら言ってくる。
「も~!」
私は、ちょっとふくれて、笑いながらアイツを見た。
「行こか!」
アイツは、笑いながら友達と外に出て行った。
私は、やっと牛乳を飲み終わって、友達と喋っていた。

夕方には、放課後、訓練に残っている私をアイツが訓練室まで
迎えに来て、車椅子に乗せてくれる。
朝とは逆の道のりで一緒に寄宿舎に帰って行くのだった。

-“救いと気づき”4へ続く-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne