忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また2.救いと気づき1

(これは小説です)

高等部2年になり、黒い学生服を着ていた人達は、私達と同じように私服で
登校して来るようになっていた。
介助しやすかったり動きやすいようにジャージやトレーナー、Tシャツが
私服の私にとって彼らの私服姿は新鮮だった。
“マッチ棒みたいなアイツ”もスポーツ狩りより長くなった髪をセットし、
ジーンズやシャツなどをスッと着るようになり、“マッチ棒みたい”では
なくなっていた。
『ちょっとかっこいいかも…』

アイツが私の暮らす寄宿舎に入って来た。
勉強グループもクラスも一緒で、同じ寄宿舎暮らしにもなった私達は、
少しずつ話をするようになっていた。

1年後にアイツと同じように入学して来た男子2人も加わり、
4人でよく連むようになった。
私以外の3人は私よりも体の大きな歩ける男子…、それまでにない
ちょっと変わった感じだったが、4人で毎日笑い転げるうち、Bグループが…、
Aグループが…、とこだわって重くなっていた私の心を軽くしてくれていた。
同じAグループの3人の、歩けるから…、車椅子だから…、という壁のない
様子に私は救われた。

-“救いと気づき”2へ続く-












PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne