忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 ほな、また1.出会いと変化5

1. 出会いと変化5

『○○〇〇くんってなあ…』
高等部に上がって数ヶ月経ち、ますますアイツにお熱の彼女…
お祭り騒ぎのテンションで話しかけてくる彼女にウンザリだった。
この“養護学校”には、小学部、中学部、高等部があった。
クラスは1学年に1クラスで、高等部を卒業するまでクラス
メートはずっと同じだった。
彼女は嫌いではなかったが得意ではなかった。
彼女は普通に歩けていた。
『この子障害あるん…?』彼女の最初の印象だった。
“疲れ過ぎたら、体が後ろにそってしまい歩けなくなる”私が
修学旅行や合宿などの時に知った彼女の障害だった。
その症状は、学校にいる時間帯には滅多に出ない。
だからだろうか…?、彼女は、教室の鏡の前で、振り付きで
アイドルの真似をしたり、黒板の高い所に文字を書いたり、
綺麗な文字の並んだ自分のノートを見せびらかしたり…、
“みんなと違うのよ”という空気を振り撒いていた。
だから…、彼女がアイツを気に入ったことにちょっと驚いた。
―“出会いと変化”終わり―











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne