忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[69]  [125]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 『初恋5』

(これは小説です)

5.交際

喫茶店で、思っていたより長い時間話して、二人の心の距離は、少しずつ、
あの頃みたいに近づいたように感じました。
「みきは、今、誰かいるん…?」
のぶのいきなりの呼び捨てにみきは、ドキッとしました。
だから、分かっていながら聞いてしまいました。
「えっ…?、誰かって…?」
「付き合ってる人とか、好きな人とか…」
「ん~、今はフリー、誰もいいひんよ…」
「俺も今、誰もいないし、頑張ってみいひん…?」
「頑張るって…、付き合うってこと…?、私たちが…」
「うん、そう、一応、俺は告白した訳やし…」
「そうか~」
「で、みきの返事は…?ってこと!」
「いいかな…、二人とも一人じゃ淋しいし、頑張ってみよか」
「俺、障害者派やし!」
「ほんなら、私、射程圏内やもんな!」
「うん、そう!」

二人は、喫茶店を出る時には、交際を始めたカップル、ということに
なっていました。
あの頃よりもおとなになった幼なじみ、“初恋の人”と
言われた自分、みきはそんな甘いシチュエーションに誘われるように、
自分がこれから始めようとしていることに心地よさを感じていました。
「じゃ、またな!」
「うん、また!」

「俺んとこの寮で夏祭りがあるから、みき、きたら…?」
「夏祭り…?、そんなんあんの…?」
「うん、出店とかも出るし、結構、楽しいで!」
「でも、私、かなりの方向音痴やからたどり着けるかなぁ…?」
「俺、駅まで迎えに行くし、大丈夫!」
「ありがとう…、じゃあ安心して行くね!」
みきはのぶの寮の夏祭りに行きました。
二人で出店をまわり、色んなものを食べました。
「俺、ジュース買ってくるから、喉、かわいたやろ…?」
「うん、かわいた!、ありがとう!」
のぶを待っている間に、みきの高校時代の同級生のひろがみきを見つけて
近づいてきました。
「あれ…?、みきやん、久しぶりやな!」
「あっ、久しぶり…、何でひろにここで会うん…?」
「だって俺は、ここの工場で働いてるし」
「そうやったっけ」
「みきこそ、なんで、ここいるん…?」
その時、のぶが缶ジュースを二つ持って、こちらに向かって車椅子を
こいできました。
「お待たせ~!」
その声にひろが振り返りました。
「あれ…?、のぶやんか、なんやお前らそういうことなん…?」
「はい、まあ、そういうことっす!」
「へ~、そうか、みき、年下がいいんや…」
「別に、そんな訳じゃないけどさっ!」
「まぁ…、いいやん、仲良くしろや…」
「はい、まだ、始めたとこっすけど!」

のぶと会う日に、みきが、ただ思いついて、
腕時計を買ってプレゼントしたりもしてみました。
「えっ、ありがとう!」
「うん、いいよ、選ぶの結構、楽しかったしさっ」
「俺も今度、何かプレゼントするよ」
「ありがとう!、楽しみにしてるね」

二人の交際は、ゆるやかに、ただ、続いていました。
何がある訳でもなく、ただ、何となく…。


-『初恋』6へ続く-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne