忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 『初恋3』

(これは小説です)

3.告白

ウエイトレスが運んできたコーヒーと紅茶を飲みながら、二人は話していました。
「どうでもええことで、よく熱くなったよな、俺たち、ガキみたいに」
「ガキみたいって、ほんまにガキやったやん」
「まあな、俺なんか、小学生…」
「意味なく楽しかったよな~」
「とにかく、よく一緒にいたよな」
「何で、何が、あんなに楽しかったんやろ…?」
「何でって、寂しいこと言うやん、姉さん」
「そう…?」
「一応、俺は、姉さんが初恋やったんすけど…」
「えっ、うそっ、あの頃…?」
「はい…、初めて、これが女の子を好きになるってことかなぁ…って思ったっていうか…」
「そうなんや…」
「そうなんやて、全く気づいてなかったんすかっ…?」
「うん、だって、まさかやん!」
「ちょっとは気づいてくれてるかと思ってました…!」
「ごめんな、どんかんやねん、私、なぁ、これって告白…?」
「あっ、そうかも…、です…ね…」

『…そう言えば、私も、ドキドキしたことあったなぁ…』みきは、すっかりおとなになったのぶと、少女の頃のちょっと心地よい思い出と、突然の告白に、記憶の奥に沈んでいた気持ちを微かに思い出していました。


-『初恋』4へ続く-





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne