忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[125]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 『初恋4』

(これは小説です)

4.想い

「姉さんは…、付き合うんやったら健常者派…?、障害者派…?」
突然の告白タイムから空気の流れを変えたのは、のぶのそんな言葉でした。
みきは、あまり聞き慣れない響きに違和感を感じてしまい、
少し大きめの声で聞き返してしまいました。
「何…?、健常者派、障害者派って!」
「健常者と付き合わなお互いに大変とか、付き合ってることにならへんとか、
お互いにヘルパーがいたら何かと大変やとか、逆に障害者同士やないと、
やっぱり、解り会えへんとか」
「へ~、そんなこと言ってる人たちもいるんや」
「俺とこの寮では、結構、話題になってますけど…」
「ふーん、私は、そんなこと考えて付き合ったことないなぁ…」
「何か、姉さんやな~、そういうとこ…」
「そう…?、だって、たまたま好きになった人がその時その時で、
健常者やったり…、障害者やったりするし…」
「どっちとも付き合ったことあるんすか…?、姉さんは」
「うん、あるよ」
「そうっか~、で…?」
「で…って、どっちと付き合っても、いいとこもあったし、悪いとこもあったし…、
で、のぶは…?」
「えっ…?」
「のぶはどっち派なん…?」
「結局、知りたいんすねっ」
「まあ、一応、参考までに!」
「では、参考までに、俺は、障害者派」
「ふーん、何でなん…?」
「ん~、やっぱり俺は、障害者同士の方が解り会えるって思うし」
「そうなんや…」
「どんなに頑張っても、同じ境遇の者同士じゃないと難しいっすよ」

みきは、のぶのこの想いに不思議な違和感とふわっとした寂しさを
ゆるやかに感じました。


-『初恋』5へ続く-




PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne