忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京旅行6

東京2日目①

2013.5.14
東京2日目の朝、ホテルの部屋で朝食をとりました。
その後の予定は何も決めていなかった為、彼と2人でどうしようかと
話をしました。そして、せっかく東京にいるから、とりあえず、
スカイツリーに行ってみようと言うことになりました。

東京駅でスカイツリーまでの順路を聞いてみました。
すると、まずは上野まで行き、電車を乗り換えて浅草、
そこからまた電車を乗り換えて、スカイツリー駅まで行けばいいと
言うことがわかりました。
そして…、スカイツリーを見に行って、浅草の雷門に行って、上野動物園で
パンダを見てホテルに帰ってくると言うその日の予定が決まりました。

まずは、スカイツリーへ、電車にどこから乗ればいいのかと東京駅を
歩きまわっていると、彼がスカイツリー行きのシャトルバスのりばを見つけました。
「行きは、あれで行けたら楽やんな」
「うん、そうやな!」
「あれで行こか…?」
「うん!、でも…、車椅子ごと乗れるんかな…?」
「そうやなぁ…、抱えなあかんかったらきついしなぁ…」
「そうやろう…」
「ちょっと聞いてみよか」
2人でシャトルバスのりばまで車椅子ごとバスに乗れるかを聞きに行きました。
「すみません…、このバスにはリフトは付いてますか…?」
「バスの下に車椅子を乗せることはできますよ」
「リフトとかで車椅子ごと乗れるわけじぁないんですか…?」
「はい…、リフトなどは付いてないですね…」
「こいつ、歩くことは無理なんやけど…、それやったら、階段は抱えなあかんのやね…?」
「そうですね…」
「それやったら、無理やわ…」
「そうですか…、すみませんね…」
私たちは、結局、シャトルバスを諦めて、最初の予定通り電車を乗りついで
スカイツリーに向かうことになりました。
「あんなに東京の新名所って騒いでるのに、あかんなぁ…」
「ほんまやなぁ…、リフトも何も付いてへんて…、ビックリやなぁ…」
「しかも、直通やのに…」
「残念やったなぁ…」
「うん…」
私たちは、この状況をちょっと愚痴りながら、スカイツリー駅を目指しました。

スカイツリー駅に着くと、もうそこにスカイツリーがそびえ立っていました。
想像していたよりもかなり高く、想像していたよりもかなり圧倒されてしまいました。
「すご~い!」
「ほんまやな~!」
彼は、携帯のカメラに、何とかスカイツリーの全貌を収めようとしていました。
その側で、私は、ただただその巨大なものをボーっと見上げてしまっていました。
展望台まで行こうかとも言っていましたが、入り口で係員らしい人が
「ただいま、展望台までの待ち時間は、1時間となっております!」
とアナウンスされていました。
「え~、今から1時間やて!」
「何か、そんなに待ってられへんなぁ…」
「そうやなぁ…、もうええか…?」
「うん」
と言うことになり、展望台には行かずにおみやげを買いに行きました。
色々と見てまわり、『笑点おこし』を買い、自分へのおみやげに
『サザエさん人形焼き』を買いました。
その後、2人でハンバーグ屋さんに入りランチを食べました。
私は、アボカドとタルタルのハンバーグをお腹いっぱい食べてしまいました。
思いもよらず、スカイツリーを見にくることができました。

スカイツリー駅を後にして、次の目的地の雷門へと向かいました。


-東京旅行7へ続く-




PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne