忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅴ神様の答え2

『小さな羽根』


Ⅴ 神様の答え2


「お約束はございますか…?」
「いいえ…、ありません」
「それでは、しばらくお待ち下さい」
「はい」

以前とは違い、門番の問いにはミーメが応えました。

「あの者が案内しますので…」

門の中に入って行き、再び戻ってきた門番が指し示した先には、
懐かしい姿がありました。
以前にもジュナとミーメを案内してくれた“エリア”でした。
ジュナとミーメは、ゆっくり“エリア”の方へ歩いて行きました。

「お久しぶりです、またよろしくお願いします」
「こちらこそ、よろしくお願いします」

“エリア”は軽く会釈をしてくれました。そして、自分についてくるようにと伝え、
少し辛そうなジュナを気遣いながら、ゆっくりと歩き出しました。
しばらく歩いて大きな門をくぐり、小さな扉が幾つも並んでいる廊下を歩きました。
その順路も先を歩いている“エリア”の姿も以前にきた時と同じでしたが、
ジュナとミーメの気持ちはあの時とは違うものでした。

『神様は、自分たちに怒りを感じていらっしゃるだろうか…?、それでも、
解って頂きたい…』

ジュナとミーメは、同じ気持ちで長い廊下を歩いて行きました。

やがて、あの時と同じように“エリア”が一つの扉の前で足を止めました。
そして、あの時と同じように扉をノックしました。
やはり、中からは何も聞こえてきませんでしたが、“エリア”は扉を開き、
ジュナとミーメに中に入るように促しました。
ジュナとミーメは中に入り、廊下に立っている“エリア”に会釈をしました。
“エリア”が扉を閉めると、ジュナとミーメは決心したように部屋の奥へと
進んで行きました。


ー“Ⅴ神様の答え3”へ続くー








PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne