忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅴ天使の苦悩7

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅳ 天使の苦悩7


「ミーメは何処へ行ったのかしらね…」
「ジュナのことをお願いって言われたけど…」
「もう一度ジュナを治してもらえるように頼みに行くって…」
「また遠くに…?」
「ええ、またジュナが仕事をできるようにって…」
「ジュナは、そんなに仕事がしたいのかなぁ…?」
「みんなと一緒に仕事ができていたから、ジュナは痛みも我慢てきたって、
ミーメが言ってたわ」 
「ジュナは…?、どうしてるんだ…?」
「今は…、静かにしているわ、まるで力を貯えているみたい…」
「きっとジュナはちゃんと解っているのよ、ミーメが何処へ行っているのかを…」
「そうか~、ジュナもミーメも凄いよなぁ」
「そうよね」

ミーメは、ジュナと一緒だった時のように、金色の光の中を抜け、
銀色の光の中を抜け、遠く遠く飛び続けていました。
やがて、青い空と緑と土の大地が見えてきました。
ミーメは、あの時と同じように緑と土の大地に降り立ち、ジュナと一緒に歩いた
大地を、一人、ずっとずっと歩いて行きました。
懐かしい家の前に辿り着きました。
ジュナがやっていたようにノックをすると、あの日と同じように、
『名前のない天使』が出てきてくれました。

「ミーメさん!」
「お久しぶりです」
「お元気ですか…?、ジュナさんは…?」
「それが…、今日は、ジュナのことで伺いました」
「そうですか…、とにかく、中に入って下さい」
「ありがとうございます」
「さぁ…、どうぞ」

ミーメと“天使”はテーブルに向かい合って座りました。

「話して下さい」
「ええ…」

ミーメは、あの日二人で仲間たちのところに帰って行ったあとのことを話しました。
仲間たちがジュナの美しさに驚き憧れてくれたこと、彼は仲間たちと
同じ仕事をできるようになり、仲間たちより速く飛べるようにもなって、
みんなに頼られるようになったこと、みんなの仕事まで引き受けるほどに
なっていたこと、そして、仕事が終わったあとは、みんなと遠くに遊びに行き、
遅くなるまで帰らない日もよくあったことを…。

“天使”は、そこまでの話を聞くと小さく息を吐きました。
ミーメは話を止め、“天使”を見つめました。。

「ごめんなさいね、お話を止めてしまって…」
「いいえ…」
「たくさん話して下さって…、喉がかわいたでしょう…」

“天使”は、飲み物の入ったカップをミーメの前に置いてくれました。
ミーメはお礼を言って、カップの飲み物を少し飲み、もう一度、
向かい合っている“天使”を見つめました。


ー“Ⅳ天使の苦悩8”へ続くー









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne