忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅳ天使の苦悩1

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅳ 天使の苦悩1


「ねえ、ジュナを見た…?、とても素敵ね」
「あの羽根はどういうことだ…?」
「ジュナもミーメも治してもらったとしか教えてくれなかったわ」
「何でだよ」 
「さぁ…、でも、ミーメがうらやましいわ」
「何があったのかなぁ…」

ジュナに対する仲間たちの視線は、明らかにそれまでとは違っていました。
憧れ…、仲間たちの視線はそれで満たされていました。
金髪に美しく大きな二つの羽根は、整ったその顔立ちを一層引き立てるものに
なっていました。ジュナのその姿は、本当に息を飲むほど美しいものでした。
ジュナが何故そんな姿になれたのか、それを聞いてくる者もいましたが、
ジュナもミーメもそのことは話しませんでした。

ジュナたちが暮らしている“ここ”では、何処までもずっと続いている
真っ白い“フワフワ”の雲の上でみんな一緒に暮らしていました。
気の合う者や愛し合う者がいつも隣り合っていたり、一緒に食事をしていたり、
眠っていたり…、みんな一緒に過ごしていました。“ここ”に暮らす天使たちは、
みんながみんなのことをよく知っていました。
ジュナとミーメの幸せな姿も仲間たちは、よく知っていました。

「神様は、ご存知なのかしら、『名前のない天使』のことも…、私たちのことも…」
「ああ…、きっと、ご存知だよ」
「私たちが今、とっても幸せなことも…?」
「ああ…、きっと、ご存知だよ、僕たちが今、幸せなことも…」


ー“Ⅳ天使の苦悩2”へ続くー






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne