忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使8

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅲ 名前のない天使8


「ミーメさん、あちらの部屋の扉は開くまで開けないで下さい」
「ええ、約束します」
「ありがとうございます、それでは…」

「ミーメ…、じゃあ…」
「ええ、行ってらっしゃい…」

ジュナとミーメはもう一度優しく微笑みを交わしました。

ジュナは、“天使”と共に廊下の突き当たりにある部屋に入っていきました。 
〝バタン〟と扉が閉まると、まるでこの家にはミーメしかいないのでは
ないかと思えるほどに静まり返りました。

その日からミーメは、〝シーン〟とした家の中で過ごしました。
一人で食事をし、眠たくなると“天使”に言われた部屋で一人で眠りました。
その部屋には、ミーメが暮らしているところにある白い雲のようなものが
敷き詰められていました。ミーメは、その上に〝フワリ〟横たわり、
少し離れた部屋にいるジュナに心の中で『おやすみなさい』を言って眠りました。
家の外にも出てみましたが、“天使”が言っていたように、自分の他には誰も
いないので、家の中と同じように〝シーン〟としていました。

『ジュナ…、大丈夫よね…?』

ミーメは、今度こそ、彼の苦しみや悲しみが癒やされることを、
彼が“本当の自分の姿”になれることを祈っていました。

〝カチャッ〟ジュナと“天使”が“あちらの部屋”に入ってから7日目の朝、
扉が開きました。“天使”がミーメに静かに声をかけました。

「ミーメさん…、ジュナさんが目を覚まされました」
「えっ、はい」
「中へどうぞ…」
「終わったのですか…?」
「ええ、もう大丈夫ですよ」


ー“Ⅲ 名前のない天使9”へ続くー





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne