忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使9

『小さな羽根』


Ⅲ 名前のない天使9


「ミーメ…」
「ジュナ…、大丈夫…?」
「うん…、まだちょっと傷口が痛むかな…」
「そうなの…?」
「でも、もう大丈夫、君の顔見られたから!」
「まあ、ジュナったら!」

ジュナの右の背中の羽根は、左の羽根と同じように大きく美しくなっていました。

ジュナと話ができたことと、美しい羽根に安心したミーメは、静かに様子を見守っていた“天使”を振り返りました。

「ありがとうございました、彼を救って頂いて」
「いいえ、私は、彼を“彼の望む姿”にしてさしあげただけです、
神様がして下さらなかったことを…」
「ええ…」

「ミーメさん、今日からは、この部屋でジュナさんと一緒に過ごしてあげて下さい、
私はあちらの部屋にいますので、何かあればお知らせ下さい」

ジュナとミーナはその日から、白い雲のような“フワフワ”が敷きつめられた“その部屋”で過ごしました。
ジュナとミーメは“フワリ”と寝転び、話をしたり、笑い合ったり、食事をしたり、緑の中を散歩したり…。
ジュナとミーメの間には、穏やかで優しい時間が流れていました。

「ジュナ、その羽根よく似合っているわ!」
「ありがとう!」
「今のあなたの笑顔が、私、とても幸せよ」
「ああ、僕も幸せだよ、ミーメ、ありがとう!」
「私こそありがとうジュナ…、こんなに幸せな気持ちにさせてくれて!」
「これで、もう、仲間にもバカにされない、君のこともちゃんと守って
あげられる…!」
「みんなきっとびっくりするわ!」
「そうだね!」
「ああ…、とても素敵よ、ジュナ!」
「ありがとう、君だって。とても美しいよ、ミーメ!」
「ありがとう、私、ずっとずっとあなたの側にいるわ!」
「僕もだよ、ミーメ…!」


ー“Ⅲ 名前のない天使10”へ続くー






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne