忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使6

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅲ 名前のない天使6


「あっ、ごめんなさい…、私のことばかり…」
「いいえ…」
「あなたたちのお話を聞かせて下さい」

ジュナは、小さなこの羽根のために、ずっと苦しんできたこと、
そんな自分を支えてきてくれたミーメのこと…、ミーメと一緒に
長い間飛び続け、神様のところにお願いに行った時のことを話ました。
そして、神様には願いを叶えてもらえずに、絶望して、自分になれる
方法を探し、“名前のない天使”のことを知り、再び、ミーメと一緒に
飛び続け、ここへ辿り着いたことを…。

「お話して下さってありがとうございました…、よく解りました」
「いえ、聞いて下さってありがとうございました」
「でも、その羽根を大きくすることは…」
「それなら、この小さな羽根をもぎ取って、造りものの羽根をつけて
頂いても構いません!」
「それなら可能です」

“天使”は、ジュナに誓約書を手渡しました。

「まず、これにサインして下さい、今後のことは、自己責任ということで
お願いしたいので…」
「わかりました!」

ジュナは、すぐに誓約書にサインをして、“天使”に渡しました。

「早速、明日から始めましょう」
「えっ…、明日から…、って…?」
「時間をたくさん頂きますので…」
「わかりました、よろしくお願いします」

ジュナは、真っ直ぐな視線で言いました。


ーⅢ 名前のない天使7”へ続くー





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne