忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使5

(これは物語です)

『小さな羽根』

Ⅲ 名前のない天使5


「噂を聞いてきて下さったのですか…?」
「はい…、“エデン”の方からきました」
「それは、遠くからいらっしゃいましたね…」

家の中に入ると、“天使”の姿がはっきりと見えました。

「あの…、あなたは、気配を…?」
「ええ…、気配と色がほしいとお願いしたのですが、叶えては頂けなかったのです…」
「自分で直せるんじゃないんですか…?」
「自分の体は無理なのです…、だから…、家に細工をしたのです…、
外に出ても私の他に誰もいないので大丈夫…、でも、自分の姿が鏡にも
映らないのは…」

“天使”は小さく息を吐きました。

「“名前のない”って…?」
「ええ、ここには私しかいないので、名前なんて必要ないのです」
「神様から遠ざかるためって…?」
「神様は、私たちが何処にいても見守ってらっしゃいますよ」

“天使”は、また、小さく息を吐きました。

「ずっと、たった一人で…?」
「ええ…」
「ずっと一人で復習を…?」
「復習…?、そうですね…、復習…」


ー“Ⅲ 名前のない天使6”へ続くー






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne