忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使4

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅲ 名前のない天使4


「またジュナを見かけなくなったよな…?」
「え…?、帰ってきたんじゃなかったの…?」
「そうなんだけど…、また最近、見かけなくなったんだ」
「今度は、ミーメも一緒によ」
「何処に行ったんだ…?」

ジュナとミーメは、“エデン”の向こうの“名前のない天使”のところを目指して
飛び立っていました。
再び力を取り戻したジュナは、ミーメと手を繋いで、金色の光の中を飛んでいました。
神様のところよりも、ずっとずっと遠く遠く、長い間飛び続けました。
光の色が金色から銀色に変わり、また、しばらく飛ぶと、ぬけるような青い空が
見えてきました。
そこは、青い空と緑と土の大地でできていました。
ジュナとミーメは、緑と土の大地に降り立ちました。
大地を、ずっとずっとずっと歩きました。
そして、一軒の木の家に辿り着いて足を止めました。

ジュナが扉をノックしました。
扉が開き、中からジュナたちと同じ“天使”が現れました。
ところが、ジュナとミーメは、すぐに言葉が出てきませんでした。
そこに立っているのは確かに天使でしたが、それは、ジュナとミーメが
感じただけで、実際にそこに立っている“天使”からは、色も気配も感じる
ことができなかったのです。


ー“Ⅲ 名前のない天使5”へ続くー





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne