忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使3

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅲ 名前のない天使3


「ミーメ、一緒に“名前のない天使”のところに行ってほしい…!」
「でも…、神様にだって直して頂けなかったのよ…!」
「だから、行きたいんだよ、望みをかけたいんだ!」
「でも…、新たな異物を背負うことになるって…!」
「造りものの羽根のこと…?」
「ええ…、神様は、そうおっしゃっていたわ…!」
「それでも、僕は耐えられる!」
「でも、神様に背くことになるのよ…」
「それでも僕は…!」
「あなたが心配なの…、私は、今のままのあなたをずっと愛するわ、
私は、ずっとあなたの側にいるわ…!」
「ありがとう…、ミーメ…、だけど…、僕は…、このままではだめなんだ…、
解ってくれ…」

ミーメは、再びジュナの涙を見ることになりました。
ミーメの心には、命をかけて、遠く遠くその手掛かりを求め、一人小さな羽根で
飛び立った時のジュナの心が痛いほど伝わってきました。

「そうよね、ごめんなさい…、それは、あなたの命をかけた願いなのよね…!、
私、少し臆病になっていたわ…、大丈夫、一緒に行きましょう…、今度こそ、
あなたのその願いを叶えに…」
「ありがとう…、ミーメ!」


ー“Ⅲ 名前のない天使4”へ続くー







PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne