忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使2

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅲ 名前のない天使2


「見つけたんだ!」
「何を…?」
「僕が僕になれる方法をだよ!」
「どういうこと…?」
「“エデン”の向かうに、僕たちの願いを何でも叶えてくれる天使がいるらしい…」
「何でもって…、何故…、何のためにそんなことをしているの…?」
「その“名前のない天使”も、僕たちと同じように、持って生まれた何処か
を直してほしいと神様にお願いしたんだ…、でも、やっぱり、叶えて
もらえなかったんだ…、それで、“ここ”を出て、
神様に復習するために、自分と同じように叶えてもらえなかった願いを叶えているらしい…」
「そうなの…」

「ねえ、名前がないのは、神様が罰をお与えになったの…?」
「いや、名前は自分で封印したらしい、神様から遠ざかるためじゃないかって話だ」

「ジュナ、あなた、一人で“エデン”の向かうまで行ったの…?」
「いや、“ここ”を出て情報は手に入れたけど、“エデン”の
向かうまでは僕のこの羽根だけでは行けなかった…」

ミーメは、ジュナが何故長い間帰ってこられなかったのか理解できました。

『一人で一生懸命に飛んでいたのね…、大変だったでしょう…』


ー“Ⅲ 名前のない天使3”へ続くー





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne