忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅲ名前のない天使1

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅲ 名前のない天使1


「もう、ジュナは、帰って来ないんじゃないか…?」
「きっと、もう、“ここ”ではない何処かで暮らしてるのよ」

仲間のそんな言葉にも耳をかすことなく、ミーメは長い間ずっとジュナを
待ち続けていました。

ジュナの姿が見られなくなって何日経ったのか、もう数え切れなくなった
ある朝、眠りから覚めたミーメに向かってジュナがゆっくり歩いてきたのです。
ミーメは、体を動かすことができずに、歩いてくるジュナをじっと見つめていました。

「ミーメ…、ただいま…」
「ジュナ…、何処へ行っていたの…?、探したのよ…!」
「ごめん…、あの日、僕のために疲れきって眠っている君を、
起こすことはできなかったから…」
「…、だけど…、こんなに長い間いなくなるなんて…」
「ごめん…、心配をかけてしまった…」
「でも、よかった、“ここ”に帰って来てくれて…」
「君は、きっと、待っていてくれるって信じていたよ…!」
「ありがとう…!、私もあなたを信じていたわ…!」

ミーメは、元気な姿のジュナを見て、彼がいなかった間の悲しみや苦しみが
スーッと消えていくのを感じました。

ジュナの瞳には、強い光が戻っていました。


ー“Ⅲ 名前のない天使2”へ続くー





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne