忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅱ天使の願い9

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅱ 天使の願い9


「ジュナ…、大丈夫…?」
「ああ…」
「帰りましょう…」
「ああ…」
「ジュナ…、飛べる…?」
「ミーメ、神様は何故、僕のような者をお造りになったんだろう…?」

ジュナとミーメは、神様に願いを聞き入れてもらえないまま金色の光の中を
帰って行くことになりました。
くる時にはミーメと手を繋いで飛べていたジュナが、今は、もう、ミーメに
抱えられるようにしか飛べなくなってしまいました。
ジュナの瞳からは、輝きも力もすっかり失われていました。

『彼は、いったい、どうなってしまうの…?』

ミーメの心は不安でいっぱいになっていました。

神様は考えていました。
『私は確かに、持って生まれたものを変えることを禁じている、
そのために、ジュナと同じように命をかけた願いを叶えてやれなかった
者もたくさんいた…、その願いを叶えてやるべきだったのだろうか…?、
そうすれば彼らは苦しみから救われることになったのだろうか…?、
ジュナ…、お前の言う本当の自分の姿とはなんだ…?』
『ミーメ、その願いを叶えてやることで、お前をも救えることになったのだろか…?』

神様は、その答えを出せずにいました。


ー“Ⅱ天使の願い10”へ続くー








PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne