忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅱ天使の願い8

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅱ 天使の願い8


「体に異物をつけるということは、また、新たな痛みや苦しみを背負うことになる…」
「新たな痛み…?、苦しみ…?、大丈夫です!、今までの苦しみに比べたら…、
僕は耐えられます!」

ミーメもジュナの言葉に助け舟を出すように、神様にもう一度願いました。

「私は、彼のことを愛しています…、だからこそ、今の彼の苦しみを見ているのが
辛いのです、彼を今の苦しみからお救い下さい…」
「だがな、ジュナ…、ミーメ…、そうすることで今までよりも大きな苦しみを
背負うことにもなりかねない…、今までよりもたくさんの涙を流すことにも…」
「ああ…、神様…!」
「さぁ…、ジュナ…、ミーメ…、もう、帰りなさい…」
「神様…!」
「私は、持って生まれたものを変えることは禁じている…」

ジュナとミーメは、神様に促され部屋を出ました。

この部屋に案内してくれた“エリア”が廊下を歩いていたジュナとミーメを迎えに
きてくれました。
“エリア”は、最初に出会った時と同じ優しい微笑みで、出会った時と同じく
小さな会釈をしてくれました。
ジュナとミーメは、きた時とは全く違う気持ちで、黙って〝エリア〟の後を
ついて行きました。

“エリア”は、最初に出会った時と同じ門の前までくると、また、優しく、
微笑んで、会釈をしました。

「それでは…、また…」

“エリア”は、小さく丁寧に挨拶をしてくれました。


ー“Ⅱ天使の願い9”へ続くー






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne