忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅱ天使の願い6

(これは物語です)

Ⅱ天使の願い6

「お願いします…!、僕はこの小さな羽根を持って生まれてきたことで、
ずっと苦しんできたのです!」
「そうだな、ジュナ…」
「僕は与えて頂いた仕事も仲間と同じにはできず、仲間たちにバカに
されているのです…!」
「ジュナ…、お前はお前の仕事をすればいい…!、それでバカにしたりする者が
いるなら、その昔は、お前のことを何も知らないのだから…」
「神様、お願いです…、僕は、もう、こんな姿で生きていくことが耐えられないのです…!」

ジュナは、雲の床に泣き伏してしまいました。

神様は、とても悲しい顔をして、雲の椅子から立ち上がり、ジュナの肩に
優しく手を置きました。

「ジュナ…、お前は、ずっと一人ではなかっただろう…?」

神様は、ジュナの隣で涙を流しながら、じっと見守っているミーメの方に視線をやりました。

ミーメは、神様を見つめました。

「神様、お願いします…、彼はもう、たくさん傷つきました、どうか、彼をお救い下さい…!」

ジュナは自分のためのミーメの言葉を聞いて、もう一度、思いを込めて、
神様の方に向き直り、真っ直ぐに視線を送りました。

ミーメは、ずっと僕の側にいてくれました、だから僕は、こんな姿でも生きることが
できたのです…、僕は、ミーメを愛しています!、僕は、本当の僕の姿になって、
大切な彼女を守りたいのです…!」

-“Ⅱ天使の願い7”へ続く-






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne