忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅱ天使の羽根5

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅱ天使の願い5


「ジュナ…、ミーメ…、久しぶりだな…」
「はい…、お久しぶりでございます」
「よくここまで辿り着いたな…」
「はい…、ありがとうございます…」

雲の椅子に座った神様は、優しく微笑み、ジュナとミーメを見つめました。
ジュナは、待ちきれない様子で深呼吸をして、真っ直ぐに神様の方を見ました。

「神様…!、今日は、お願いにまいりました…!」

神様は、静かにジュナの次の言葉を待ちました。

「僕の右の背中の小さな羽根を、左の背中の羽根と同じにしてほしいのです!」

ミーメがジュナの隣で、今にも泣き出しそうな瞳をして見守っていました。

「神様、お願いです、僕を仲間と同じ姿にして下さい…!、本当の僕の姿にして下さい…!」

ジュナが重ねた言葉に神様は、ジュナよりも深い深呼吸をしました。

「ジュナ…、それはな、私には、できないんだ…」
「えっ…、何故ですか…!?」
「私は、全ての者に、持って生まれたものを変えることを禁じてきた、たがら…、お前が持って生まれたその羽根を変えることはできないんだ…!」
「変えるのではありません…、間違って生まれたこの姿を本当の僕の姿に直してほしいのです…!」
「それでも…、やはり…、生まれたままを変えることになる…」


ー“Ⅱ天使の願い6”へ続くー





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne