忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [239]  [225]  [224]  [223]  [222

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちびちゃんストーリー52おめでとう

(これは物語です)

『おめでとう』

ちびちゃんは、家族と離れて、ちびちゃんと同じように立って
歩くことができなかったりするお姉ちゃんやお兄ちゃんと
学校の寄宿舎で暮らしていました。
みんなちびちゃんのことをとても可愛がってくれていました。

明日は、お姉ちゃんやお兄ちゃんたちの卒業式です。

寄宿舎では、卒業式の前の日、高等部を卒業して寄宿舎を巣立って
いくお兄ちゃんやお姉ちゃんのお別れ会が開かれます。
大きな食堂に集まって、みんなが学校から帰って来る時間から
ちびちゃんたち小学生のおやすみの時間まで開かれます。
食事もいつもより少し豪華なものが出て、みんなでゲームをしたり、
劇をしたりと楽しいことがたくさんのおめでとうのパーティーです。

だけど、ちびちゃんは、大好きなお兄ちゃんやお姉ちゃんが
いなくなってしまうのが悲しくて、いつもわーわー泣いてしまいます。
「ちびちゃんが卒業するみたいやなぁ…」
お兄ちゃんやお姉ちゃんが笑ってそう言います。

『今年は、泣かないで見送ってあげよう』
だけど、ちびちゃんが泣かないでいられたのは、食事やゲーム、
みんなの劇を見ている間でした。
卒業するお兄ちゃんやお姉ちゃんがみんなにお別れの言葉を言って、
先生が“おめでとう”の言葉を言う頃から、お兄ちゃんやお姉ちゃんが
在校生や先生で手をつないで作ったアーチをくぐって食堂を退場する
まで、やっぱり、ずっと、涙でグチョグチョでした。

お別れ会が終わってお部屋に帰って来たちびちゃんは、お姉ちゃん
に泣きながら聞きました。
「ねぇ、何でこんなに淋しいのに、卒業おめでとうなん…?」
「何でやろなぁ…、きっとみんな一つ一つ成長していって、
その一つ一つが“おめでとう”なんやろな、だから、卒業も“おめでとう”
なんやろなぁ…」
「でも、お姉ちゃんがいなくなっちゃったら、やっぱり、淋しいよ!」
「ちびちゃん、ありがとう」
「えっ…、また泣いちゃったのに…?」
「うん、わかるようになるよ、ちびちゃんなら」
お姉ちゃんは、涙でグチョグチョのちびちゃんに言ってくれました。

春になったら、ちびちゃんの学年も、また一つ上がります。


-おわり-







PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne