忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちびちゃんストーリー36あれやって!

『あれやって!』

「これ読んで」
ちびちゃんのちっちゃな妹は、いつもちびちゃんの所に本を持って
来て言いました。
「いいよ、どれ…?」
「これ」
妹はそう言って、ちびちゃんに持って来た本を見せます。
「えっ、またシンデレラ…?」
ちびちゃんが言うと妹はいつもこう言います。
「うん、あれやって!」
“あれ”とは本に出て来る人物に合わせて声を変えて読むことです。
妹は、何度も読んでもらっている“シンデレラ”のストーリーも次に
出てくるセリフも、もう全部覚えています。
でも、“あれ”をやってもらうのは、大好きな“シンデレラ”がいいみたいです。
“シンデレラ”の本の表紙は、もう破れてなくなってしまっています。
まず、座っているちびちゃんの前に本を置いて、妹がその横に座って本の
ページをめくります。
そして、お話の始まりです。
「ある所にシンデレラという女の子がいました…」
ちびちゃんが本を読み始めると妹は、ワクワクして聞いています。
そして、1ページ終わると中々ページがめくれないちびちゃんに代わって
妹がページをめくります。
「シンデレラ!、何をしているの!」
「はい、お姉さま」
「早く掃除をして!」
ちびちゃんがセリフの所を声を代えて読むと本当に嬉しそうに聞いています。
「もう一回読んで!」
お話が終わると妹はいつも言います。
「もう一回…?」
「うん!」
「いいよ」

「これ読んで」
ある夜、妹が“シンデレラ”を持って来ました。
「寝ながらは読めないよ」
もう寝ようとしていたちびちゃんがそう言うと、妹は仕方なさそうに
“シンデレラ”を片付けました。
ちびちゃんは、そんな妹をとても可愛く思いました。
「本の代わりにお話してあげようか…?」
ちびちゃんがそう言うと妹は、嬉しそうに応えてくれました。
「うん!、お話して!」
それから、いつものように言いました。
「“あれ”やって!」
「うん、いいよ」
ちびちゃんは、自分で考えたお話を妹にしてあげました。
冒険ものやヒーローものなどたくさんのお話を“あれ”でしてあげるように
なりました。
「もう一回やって!」
一つのお話が終わると妹はいつもそう言いました。
そこで、ちびちゃんは短いお話をたくさんしてあげることにしました。
そして、出来たお話、お家の冷蔵庫の中の食べ物が登場する“冷蔵庫
シリーズ”は、妹のお気に入りのお話になりました。

「あれやって!」
妹が言うと、ちびちゃんは、いつもお話をしてあげます。
もちろん、起きてる時には、“シンデレラ”の本を“あれ”で読んであげる
こともあります。


-おわり-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne