忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [199

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちびちゃんストーリー30一緒に行こうよ

(これは物語です)

『一緒に行こうよ』

ちびちゃんと同じ歳の妹はよくお家でおるすばんしていました。

歩けないちびちゃんが外に行く時は、車椅子に乗らなければ
いけませんでした。
だから、おるすばんの時は、いつもお家の中で遊んでいました。
お菓子を買いに行く時は、妹が買いに行って、ちびちゃんは
お家で妹の帰りを待っていました。

この日も、しばらく二人でお家の中で遊んでいました。
「私、お菓子買ってくる」
妹がお母さんにもらったお小遣いを持って言いました。
「うん、わかった」
「じゃあ、ちびちゃん待っててね」
妹は、いつものように外に出て行きました。
ところが、すぐに戻って来ました。
「どうしたの…?」

「一緒に行こうよ!」
「えっ…?」
「車椅子に乗れるかもしれないよ」
「えっ…?」
「私、考えたから、やってみようよ!」
「うん!」
ちびちゃんも何だかできる気がしてきました。

二人は、ドキドキしながら挑戦を始めました。
まず、車椅子の足おきを上に上げて、ちびちゃんの体を足おきの間に
入れて、できるだけ車椅子の座る所にちびちゃんの体を近づけました。
そこでちびちゃんが膝立ちをして車椅子の肘掛けを持ちます。
それから、ちびちゃんが体にいっぱい力を入れて立つような恰好に
なって…、肘掛けから上の押してもらう所に両手を持ち代えてます。
いよいよちびちゃんが車椅子の座る所に膝から両足を乗せます。
「がんばって!、もう少しだよ!」
妹は、後ろからちびちゃんの体を支えながら応援します。
とうとうちびちゃんは、車椅子に乗れました。

ただ…、ちびちゃんの体は、車椅子の上で後ろ向けで、押してもらう所
を持って、膝立ちのままでした。
いつもみたいに前向きに座ろうと二人でがんばったのですが、どうしても
上手くいきませんでした。

「もう、このまま行こうよ!」
ちびちゃんが言いました。
「うん、車椅子には乗れたもんね!」
妹が言って、二人はそのまま外に出ました。
ちびちゃんが後ろ向きの膝立ちで、押してもらう所を持って、妹が前を
向いて車椅子を押して、二人は向かい合って出かけました。
「なんか、普通に乗るよりも顔が見えていいね!」
「うん、私も車椅子じゃないものに乗ってるみたい!」
二人は、新しい遊びを見つけたみたいな気持ちで、一緒に楽しくお出かけ
しました。


-おわり-





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne