忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [199]  [198]  [197

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちびちゃんストーリー28おみやげ

(これは物語です)

『おみやげ』

ちびちゃんは、家族と離れて、ちびちゃんと同じように立って歩くことが
できなかったりするお友達と学校の寄宿舎で暮らしていました。
そこでは、お兄ちゃんやお姉ちゃんもたくさん暮らしていました。

寄宿舎からお家に帰る日、お父さんのお迎えを待っていたちびちゃんに
お姉ちゃんが、キャンディにクッキーにクラッカー…!、お菓子を少し
づつ分けてくれました。

「ありがとう!」
お姉ちゃんにお礼を言ってお菓子を食べようとしてちびちゃんは、
いいことを思いつきました。
『そうだ!、妹たちにも持って帰ってあげよう!』
ちびちゃんは、お姉ちゃんにお願いしてお菓子を三つに分けてもらって、
一つずつティッシュに包んでもらいました。
「妹さんたち、きっと喜ばはるよ!」
「ほんまに…!」
「うん、ちびちゃんのおみやげやもん!」
ちびちゃんは、お姉ちゃんが言ってくれた“おみやげ”にとてもワクワクして
嬉しくなりました。
『私がおみやげを持って帰ってあげられるんや!』

お父さんがお迎えに来て、ちびちゃんは三つの小さなおみやげを持って
ワクワクお家に帰りました。 
帰り道もちびちゃんは、おみやげのことで頭がいっぱいでした。
『妹たちは喜んでくれるかなぁ…?』

お家に着いて、いよいよおみやげを妹たちにあげました。
「ありがとう!」
妹たちは、ちびちゃんのおみやげを受け取ってくれました。
『喜んでくれてるかなぁ…?』
ちびちゃんが思っていると、ちびちゃんが妹たちにおみやげを渡す所を
見ていたお母さんがポツリと言いました。
「あら、うちでお菓子たべさせてないみたいやん、こんなの持って帰って
きて…」

『な~んだ…』
ちびちゃんのワクワクは、スーッと消えていきました。
『妹たちも私のおみやげなんかいらなかったのかなぁ…』
代わりにちびちゃんの心には、何となく、淋しさが入ってきました。






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne