忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[202]  [201]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちびちゃんストーリー22ちっちゃな手

(これは物語です)

『ちっちゃな手』

ちびちゃんは家族と離れて、ちびちゃんと同じように立って歩くことが
できなかったりするお友達と一緒に園で暮らしていました。

おやつの時間です。
園でのおやつは、大きなお盆に小さなクラッカーやビスケットが
広げられて、ちびちゃんたちはそれを自分の手で一回だけつかみ、
つかめたクラッカーやビスケットがその日の自分のおやつになるのです。
でも、ちびちゃんはいつもちょっとしかつかめませんでした。
お友達はいつもちびちゃんよりもたくさんおやつをつかんでいます。
『なんでだろうなぁ…?』
ちびちゃんは、自分のおやつを見ていつも思っていました。

「上からつかむんじゃなくてね、こうやって下からすくうようにして…」
ある日のおやつ時間、ちびちゃんがいつものようにおやつをつかもうと
おやつが広げられているお盆に手を入れた時、いつもちびちゃんに
優しくしてくれている看護婦さんがちっちゃな手にそっと自分の手を
添えて言ってくれました。
ちびちゃんは、看護婦さんが教えてくれたみたいにやってみましたが、
あまり上手くはできませんでした。
「ちびちゃんの手、ちっちゃいからつかんでも、指の間からこぼれ
ちゃうよね…、いつもおやつ少ないもんね…」
看護婦さんはそう言いながら、みんなに見えないようにちびちゃんの
つかんだおやつの上にもう少しおやつをのせてくれました。
「また練習しようね!」
「うん!」
ちびちゃんは、いつもよりもちょっとたくさんのおやつを前にして、
ニコニコ嬉しそうに応えました。


-おわり-






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne