忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちびちゃんストーリー20ともだち

(これは物語です)

『ともだち』

ちびちゃんは、東京の学校から京都の学校に転校して来ました。
知ってる人が誰もいなくて、言葉も少し違って…。
知らない人と話すのがとても苦手なちびちゃんは、一人ぼっちみたいで
とても不安な気持ちでした。
「野球はどこのチームが好き…?」
「アイドルは誰が好き…?」
「食べるものは何が好き…?」
言葉のイントネーションの少し違う東京からの転校生のちびちゃんに興味が
あるようで、みんなが色んなことを聞いてきてくれました。ちびちゃんはドキドキ
しながら何とか応えましたが、中々上手くお話できませんでした。

ハンディのある子が学ぶこの学校には、勉強の時間の他に訓練の時間がありました。
少しでも体が動きやすくなるように、よつばいの練習や膝立ちの練習をしたりする時間です。
ある日の訓練の時間、ちびちゃんは一人の女の子と並んで壁に向かって
膝立ちの練習をすることになりました。
『あっ、私の近くの席にいた子だ!』
ちびちゃんは思いました。
膝立ちの練習が終わってちびちゃんがちょっと休んでいると、その子が話し
かけてきました。
「私、ゆみ、よろしくね」
「うん、よろしくね!」
ちびちゃんは、ドキドキしないで応えることができました。
「なぁ、次はどっちが長いこと膝立ちしてられるか競争しよか」
ゆみちゃんがちびちゃんに言いました。
「うん、やろうよ!」
ちびちゃんも嬉しそうに応えました。
ちびちゃんとゆみちゃんは、壁に向かって膝立ちを始めました。
ちびちゃんが突然“ガクン”と座り込んでしまい、横で膝立ちをしていたゆみちゃんも
つられて座りこんでしまいました。
「あ~、びっくりした~」
ゆみちゃんが言って、二人で大笑いしました。
思ったより長い間膝立ちがてきて、二人で“凄い”って言い合ったりもしました。

ゆみちゃんは、ちびちゃんが東京に転校してきて初めてできた“ともだち”です。
いつもお話するようになり、よく二人で大笑いするようにもなりました。
学校ことやクラスのこともゆみちゃんが色々教えてくれました。

ちびちゃんは、少しずつ学校にもなれて、話す言葉もいつの間にかゆみちゃん
と同じような言葉になっていきました。


-おわり-








PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne